女の子が喘ぎやすい環境づくりを

女の子にいきなり喘いでほしいと言っても喘ぐことができる女の子は少数でしょう。そこは男性と一緒で何らかの「おかず」といったものが必要になります。テレフォンセックスにおいて「おかず」というのは、卑猥な言葉と演出になるのです。
喘ぎやすい環境をつくる
電話を始めてからこれからテレフォンセックスをするように仕向けるのは難しいものです。しかし相手もそのつもりで電話を掛けていることの方が多いですので、それを利用しましょう。少し世間話をした後は、積極的にそっち方面の話をしてかまいません。流れとしては、「こういうことよくするの?」から始まり「エッチなこと興味あるんだ?」で「どんなエッチが好き?」と質問をするようにすると、女の子の方も応えやすいですので、なるべくエッチは話に流れを傾けましょう。
テレフォンセックスは、ファーストタッチが非常に重要です。女の子が自分の体に触るように仕向けるのが如何にしてスムーズであるのかが大切です。そこに仕向けるように全力を注ぎましょう。
女の子を誘導するように
女の子のどんなジャンルのエッチが好きなのかを把握しておくことは大切です。それにより女の子も喘ぎやすい環境になります。よってテレフォンセックスをする前の世間話の時に、そのようなことを聞いておきましょう。責められるのが好きな子であれば「こんなになっているよ」なんて言うと喜ばれるでしょう。ついでに「触ってあげる」や「舐めてあげる」なんて付け加えるだけでも女の子は喘ぎやすい環境になります。
テレフォンセックスは女の子が本気にならなければ成り立たない遊びです。女の子を主体に考えて、女の子が楽しめる環境を作ってあげると、男性も楽しむことができるでしょう。

関連する記事